「大家」ではない?

では、実際にリロケーションを利用する時の、注意点とはどういった点でしょうか。
まず、自宅を貸す側…いわゆるオーナーの側は、本質的には『オーナー』ですが、大家のような業務を行う必要はありません。そもそも海外出張などで忙しくなってしまった場合、そういった事柄を同時に行うことはほぼ無理でしょう。ですから、リロケーションサービスの場合は、専門の業者が、その管理業務を請け負って、管理からトラブル対応までを行ってくれることになっています。その『トラブル』に関しては、いくつかの点が考えられます。

例えば、借り主が家の設備や機材等を壊してしまったとします。そういった場合には、管理会社が仲介に入って、貸し主との修理請求などの話を行うことができます。
また、その他の理由で家の状態に不具合が生じてしまったときも、管理会社と貸し主とで、話し合いを持つことができます。このように、リロケーション管理会社はそういった点を行ってくれますが、管理会社によっては、そういった管理があまり正確に行われなかったことで、契約主ともトラブルになったことが過去にあるようです。
ですから、リロケーションサービスに関して、より信頼できる管理会社に委託したいですね。